院長あいさつ

内視鏡により自分の身体を知り、一人一人の健康の“型”を作る手助けをする。それが我々の仕事です。

1988年卒業後に兵庫県立尼崎病院で消化器内科医として経験を積みましたが、さらに技術をスキルアップさせるために 1991年より京都第二赤十字病院 救命救急センターで緊急内視鏡を専門に第3次高度救急医療を経験しました。 1995年阪神淡路大震災で災害医療に従事した後に、本来目指していた内視鏡治療を実践するべき東大阪市立中央病院に赴任して 内視鏡室を立ち上げました。1995年の東大阪市立総合病院移転時には初代内視鏡部部長として内視鏡部を創設致しました。

しかし、病気の患者のみに重きを置く病院での診療には限界を感じて、さらに東京で展開されている内視鏡専門施設を 関西にも導入すべき思いを抱いて2001年飯田消化器クリニックを開業しました。当院のコンセプトは 内視鏡で現在の患者の状態を把握した上で、身体が本来持っている健康の力を取り戻すための健康の“型”を作る手助けをすること。 病気になりにくい身体を日々の生活の“型”から創り出すことが我々の使命だとおもっております。

飯田内視鏡内科 院長 飯田 龍也

1988年

兵庫医科大学卒業。兵庫医科大学第五内科入局。

1990年

県立尼崎病院。内科ローテンション終了後、消化器科修練医。

1992年

京都第二赤十字病院 救命救急センター内科医局入局。

1994年

兵庫医科大学 第五内科医局員。

1995年
1月1日

阪神淡路大震災時後から笹生病院で、救急医として災害医療に従事。兵庫医科大学 第五内科退職。

1995年
11月

東大阪市立中央病院 内視鏡室長に就任。
大阪大学 第一内科入局。

1998年

東大阪市立総合病院に移転時に、初代 内視鏡部第一部長に任命。

1998年

義父の経営する太田医院の移転・システム構築を行う。

2001年

飯田消化器クリニック開業。

2009年

移転後に、「飯田内視鏡内科」に改名。

CLOSE

当院の採用情報をご覧いただく前にあなたはたばこを吸いますか?

はい いいえ

CLOSE

CLOSE

申し訳ありません。当院は完全禁煙のため、喫煙者の募集は一切行っておりません。

CLOSE

CLOSE